まんじ
フリーランスニート系エンジニア

フリーランスなウェブエンジニアをしてますう。
プログラミングやってから資本主義自由度が結構向上したので、0からフリーランスエンジニアになるぐらいまでの情報をこのサイトにまとめてます!
↓昔
いじめられて中学で不登校→ネトゲ廃人して500万稼いで引退→偏差値26から早稲田→ビジネス失敗→投機成功→ウェブエンジニア→ドバイ→Now

昔やってた大学受験のサイト

不登校から早稲田へ

最近作ってるウェブアプリ

TimeHub

0からプログラミング入門する時におすすめの言語3つ

  • 2024/05/11
  • 2024/05/11
  1. プログラミング入門
0からプログラミング入門する時におすすめの言語3つ

始めに

こんにちは!
まんじです!!

今回は0からプログラミング入門する時におすすめのプログラミング言語を3つ紹介したいと思います。

結論から書くとこの3つが個人的にすごくおすすめです。

  • Python
  • JavaScript
  • TypeScript

どれが1つ選んで1つだけに集中して始めるのが良いと思います。

ちなみに検索して出てくるおすすめプログラミング言語15選とかありますが、おまえおすすめする気ねーだろ!!って感じではあります。

最初に書いておくと、JavaとかCとかGoとかのコンパイル型言語で型つきの言語ってやつは最初からやると難しいというかシンプルに挫折するのでおすすめしません。

難しい=良いってわけじゃないし、後からやるほうが簡単で挫折しないしスンナリ理解できます。

というわけで書いていきたいと思いま〜す。

1個目: Python

Pythonは以下の理由でおすすめですね!

  • Google Colaboratoryですぐ書き始められる
  • 雰囲気で書いても動く、直感的に理解しやすい
  • 入門時に難しい概念(オブジェクト指向やasyncや関数型の処理)がなくても書ける
  • ウェブアプリ含めて大体のものはPythonで作れる

自分も最初はPythonから始めてDjangoとFlaskでポートフォリオ作ってエンジニアを始めました。

Javaとかと比べると書き始めるのも楽だし、オブジェクト指向とかの最初は難しい概念も必要なかったので、雰囲気で書けば動くってところで良かったと思ってます。

バックエンドエンジニアでいこうかな〜って思ってる人とか、なんとなくプログラミングを始めてみたい系の人は、Python1択だと思います!

2個目: JavaScript

JavaScriptは以下の理由でおすすめです!

  • Chromeのconsoleタブですぐ書き始められる
  • 雰囲気で書いてもそこそこ動く、入門時にもまあまあ理解しやすい
  • フロントエンドとバックエンド両方書ける(サーバーとブラウザ側両方できる)
  • ウェブアプリ含めてデスクトップアプリやスマホアプリや自動化のためのシステムなどほぼ全て作れる

自分は実務入ってからJavaScript(と、後述するTypeScript)を使い始めました。

JavaScriptもPython同様に文法を直感的に理解しやすいのでおすすめなのと、JavaScriptはなんと言っても使える範囲がとてつもなく広いのでそこがおすすめです。

プログラミングをやる場合、基本的にはウェブアプリのフロントかバックエンド作るか、システム作るか、デスクトップアプリやモバイルアプリ作るかってところになるんですけど、JavaScriptはほぼ全部できます。

※モバイルとかにJavaScript(Reac Native)が最適かどうかはおいておいて…

「プログラミング言語」っていう点においては、JavaScriptさえできれば他は全く何も書けなくても仕事には困りません。

厳密にはJavaScriptとその周辺のフレームワークとソフトウェアエンジア全般の知識があるとって感じです!

3個目: TypeScript

そもそもTypeScriptってなんぞや?って話なんですけど、JavaScriptに型をつけた言語です。(より実務で使いやすくなったJavaScriptみたいな感じ。)

で、TypeScriptは以下の理由でおすすめです!

  • 基本的には上に書いたJavaScriptと同じ
  • TypeScript1個できれば言語的に言えば仕事がめっちゃ多い
  • JavaScriptに型がついているのでプログラミング力的な意味で言うと少し実力が上がりやすい

言うてそこまでJavaScriptとは変わらんです。

TypeScriptも型あり言語ではあるものの、そこそこ入門しやすいしそこそこできるようになると実務に入る際も楽です。

少しだけ難しいけれど、TypeScriptで入門できるならかなり良いんでね?と思ってしまいますね!

1番おすすめなのはなんだかんだでJavaScript(TypeScript)カナー

少し前は入門しやすいのでPython一択だと思っていたんですけど、最近だとJavaScriptかTypeScriptかなって思ってます。

理由としては、やっぱりすごい使われているし応用範囲が広いので、なんだかんだでどっかのタイミングで書くことになるからです。

ただ、AIとかデータサイエンスとかバックエンドメインでフロントはいらねえ!とかってタイプなら、Pythonでもいいかも。。。

Javaとかの静的型付け言語でコンパイル型でオブジェクト指向必須とかの言語に比べれば、PythonでもJavaScriptでもどっちでも良いとは思うんですけどね!

あとJavaとかCはイマドキの開発現場ではほぼ使われていなくて古いプロダクト(か、レベルが高いところ…?)とかによく使われがちなので、そういう意味でも正直かなり微妙。。。

JavaとかCやるなら入門ならGoのが良くて、GoやってからJavaとかCをやるのはありかなって思います。

プログラミング入門時とかは「難しい言語やったほうがよくね?」と思ったりすることもあるんですけど、難しいほうから始めたからと言ってメリットがめちゃくちゃあるかと言うとそうでもなかったりします!

PythonかJavaScriptかTypeScriptやろう!

まとめ

Python、JavaScript、TypeScriptのどれが良いかって考えると、正直分からない😱って感じです。

今の時代だと、できればTypeScriptから始めるといろいろとコスパはいいのかもしれません。

ただ正直、挫折さえしなければどの言語から入門しても最終的にはあんまり変わらないです。

まんじ
フリーランスニート系エンジニア

フリーランスなウェブエンジニアをしてますう。
プログラミングやってから資本主義自由度が結構向上したので、0からフリーランスエンジニアになるぐらいまでの情報をこのサイトにまとめてます!
↓昔
いじめられて中学で不登校→ネトゲ廃人して500万稼いで引退→偏差値26から早稲田→ビジネス失敗→投機成功→ウェブエンジニア→ドバイ→Now

昔やってた大学受験のサイト

不登校から早稲田へ

最近作ってるウェブアプリ

TimeHub