まんじ
フリーランスニート系エンジニア

フリーランスなウェブエンジニアをしてますう。
プログラミングやってから資本主義自由度が結構向上したので、0からフリーランスエンジニアになるぐらいまでの情報をこのサイトにまとめてます!
↓昔
いじめられて中学で不登校→ネトゲ廃人して500万稼いで引退→偏差値26から早稲田→ビジネス失敗→投機成功→ウェブエンジニア→ドバイ→Now

昔やってた大学受験のサイト

不登校から早稲田へ

最近作ってるウェブアプリ

TimeHub

ICLの手術で視力を回復させてから3年経過したぞ!

  • 2022/11/10
  • 2023/08/07
  1. ICL
ICLの手術で視力を回復させてから3年経過したぞ!

始めに

ういっす、まんじです。

ICLして視力を回復させたのが2019年の8月頃だったと思うので、あれから3年も経過しました。

ということで記事です。

少し視力落ちたんですけど、普通にやってよかったなって感じです

ICLしてから3年経過した結果

視力

微妙に落ちた気がしますが、それでも当時(手術後)とそこまで大きすぎる差はない・・・?のか・・・?

一応、2022年の4月頃に健康診断行った時の結果もあります。

左0.8は少し調子悪かった(小学生の言い訳みたいな)という言い訳をするやつ。

もともとは1.5ぐらいあったので、左目だけわりと視力落ちちゃったカナーって感じだけど、日常生活でもバリバリ見えるのでまあいいや的な感じっすね!

感覚的な状態(主観)

以下です。

  • 若干、目に対して気は使う(目をこすらないようにしてる、てきな)
    • 昔はめちゃくちゃ目をこすってたけど、もう今はできん…w
  • 朝起きた直後は視力がよくない気がする
    • けど、まあみんなそうよね・・・?

視力は微妙に落ちましたが、普通に良好です。

ICLした後3年経過して今思う感想

高かったのとリスクはあったけど、やってよかった(この一言で終了)

手術を決めた時は普通にあんまりお金がなかったので、手術に63万円とかして「くそたけえWWW」とか思っていました。

でも今振り返ると、あの時に視力を回復させておいてよかったです。

ぼくの場合、コンタクトレンズがどうも目に合わなくて(どれを選んでも)、長時間つけてると疲れ果ててしまっていました。

外出している時間がいつも本調子じゃなくて、「ヤバー、頭痛いなー、目疲れててまじで早く帰りたい」といった状態で、本当に本気で悩みでした。

でもICL手術をしてからはコンタクトによる目の疲れもなくなりましたし、あのこざかしいメガネという物体も不要になりましたし、あの頃と比較すると比べられないぐらい普段の生活が楽で快適になりました。

結局、人生ってのは機会の連続であると思います。(ここで謎の人生語りが始まる)

  • 外に行くと目の疲れのせいですごく疲れるから
  • メガネとコンタクトをいちいち変えるのが億劫だから

このような理由で外出を躊躇ってしまうことは損ではないでしょうか?

有料のLINE@はこちらから登録⇒(情報商材への入り口はこちらです)

とまあ、少しふざけてしまいましたが、普通にやって良かったなと普通に思っております。そう、普通に。

まとめ

視力は微妙に落ちてる気がするけど、個人的にはやってよかったICLって感じです。

毎日10時間ぐらいプログラミングしたりでパソコン見てるので、視力落ちるのも当然なんですけども。。。

ICLの体験談まとめページ

まんじ
フリーランスニート系エンジニア

フリーランスなウェブエンジニアをしてますう。
プログラミングやってから資本主義自由度が結構向上したので、0からフリーランスエンジニアになるぐらいまでの情報をこのサイトにまとめてます!
↓昔
いじめられて中学で不登校→ネトゲ廃人して500万稼いで引退→偏差値26から早稲田→ビジネス失敗→投機成功→ウェブエンジニア→ドバイ→Now

昔やってた大学受験のサイト

不登校から早稲田へ

最近作ってるウェブアプリ

TimeHub